お探しの方必見!マリッジリング情報ガイド

トップ > マリッジリングの豆知識 > ダイヤモンドがセットされたマリッジリングのメリットとデメリット

ダイヤモンドがセットされたマリッジリングのメリットとデメリット

マリッジリングとなりますと、古くから石無しのシンプルなデザイン性のものが主力でした。
しかしながら、世の中も変化してダイヤのセットされたマリッジリングがメインになっていて、女性の方からの支持も得ています。
ダイヤの指輪と言いますと、一石タイプのソリティアリングを考える人も多いですが、一括りにしてダイヤのマリッジリングといってもデザイン性は多種多様で、脇石に対してダイヤが添えられたメレタイプ、あるいはアームに対してダイヤが詰められたエタニティタイプに至るまで広い範囲のバリエーションを楽しむことができます。
自分自身やパートナーの誕生石等、ダイヤとは違った石を使ったマリッジリングを選択するカップルもいますが、デザイン性の豊富さや強靭性を想定するとダイヤモンドの指輪を選択するのが無難でしょう。


ダイヤモンドは上品なムードを持っている宝石ですから、ウェディング姿、あるいは白無垢に合いますし、非常に強い輝きで全身を華やかにします。
ダイヤの石言葉に、純潔や永遠の愛というようなものがあり、重要なパートナーに対してプレゼントを行なうには似つかわしい宝石といえるでしょう。
ブリリアントカット等、多面的カッティングが行われたダイヤモンドは目にする位置によりまして表情が変えるので、飽きることのない美しさが楽しめます。
それに加えて、ダイヤモンドについては自然の物質の中でもっとも硬いとされています。
表面のスレ、あるいはひっかき傷に力を発揮するため、常日頃から身に着けるマリッジリングにはピッタリ合うでしょう。
ソリティアといったデザイン性でも、ダイヤに対して傷つくことはまずありませんが、リングの地金によって周辺を覆うふくりん留めという加工が実施されている種類だと、一段と傷がつきづらくなります。


一方で、ダイヤのマリッジリングにデメリットを見受けられるケースもあります。
日頃の生活で、邪魔と感じることもあります。
ひとつの例として、タオル、あるいはセーターなどがひっかかったり、いつの間にかタンス等の家具に対して傷をつけてしまったりというケースになります。
それに加えて、赤ちゃんが誕生した場合、抱っこ、あるいは触れ合い最中に、想定外に素肌を傷つけてしまう恐れもあるでしょう。
日々の生活面で気掛かりであれば、家事を行なう時間ははずすことを意識したり、一粒のあまり大きくないダイヤにしたり、或いはフルエタニティでなく、ハーフエタニティを選択するなど対処出来ます。
ハーフエタニティならば、リングの片方に石を敷き詰める種類ですから、フルエタニティと照らし合わせると、石が少なく支障が減少するでしょう。

次の記事へ

カテゴリー