お探しの方必見!マリッジリング情報ガイド

トップ > マリッジリングの豆知識 > プラチナ以外にもあるマリッジリングの素材

プラチナ以外にもあるマリッジリングの素材

マリッジリングのアーム部分に用いる素材としてはプラチナが一般的です。
プラチナは変色や変質しにくく、さらに金属アレルギーが出にくい金属と言われており、長く身に着けることになるマリッジリングの素材として向いています。
マリッジリングはダイヤモンドを装飾したデザインが多いですが、白く輝くプラチナはダイヤモンドとも好相性です。
またプラチナは希少性が高い金属でもあります。
プラチナの産地は世界のごく一部に限られており、一生ものの指輪となるマリッジリングにふさわしいとしても選ばれているようです。
プラチナ製のマリッジリングを選ぶ際、プラチナの純度に迷う人も多いようですが、 日本では指輪に使われるプラチナの純度としてPt900が多い傾向にあります。
これ以上、プラチナの純度が高いと傷がつきやすくなるため、長く美しさをキープしたいならPt900がおすすめです。


国内のマリッジリングに使われる素材の約9割はプラチナとも言われていますが、他の金属で作られたマリッジリングも人気です。
マリッジリングを日常使いしたいという人や、カジュアルなマリッジリングを希望する人には、ゴールドやイエローゴールドといった素材が選ばれています。
ゴールドやイエローゴールドは変色しにくいのが特徴で、日常的にマリッジリングを身に着けたい人におすすめです。
また他のファッションリングと重ね付けしても、浮きにくいカラーというのも魅力です。
可愛らしいマリッジリングを希望する人には、ピンクゴールドの素材がおすすめです。
銅を多めに混ぜることで独特のピンクカラーを出すのが、ピンクゴールドの特徴となっています。
日本人の肌に馴染みやすく、マリッジリングでもさりげなく普段使いできるとして人気を集めています。


マリッジリングはプラチナやゴールドといった金属が、アーム部分に使う素材として一般的です。
ただ、女性の中には金属アレルギーで、このような素材の指輪を身に着けることができないという場合もあります。
金属アレルギーでも安心して身に着けられる素材としては、チタンやステンレスといった素材が有名です。
特にチタンは外科手術にも用いられるほど、金属アレルギーが起こり難い素材として知られています。
チタンやステンレスは金属ですが、変わり種だと木製のマリッジリングもあるようです。
金属アレルギーであっても素材を選ぶことで、安心して使えるマリッジリングが見つかります。
ただ、金属アレルギーが出にくい素材であっても、場合によってはアレルギー症状が起こる可能性もゼロではありません。
金属アレルギーを持つ人は必ず指にはめてみて、トラブルが出ないかチェックするようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー