お探しの方必見!マリッジリング情報ガイド

トップ > マリッジリングの豆知識 > マリッジリングにお勧めの素材はプラチナ

マリッジリングにお勧めの素材はプラチナ

マリッジリングを選ぶときにデザインやブランドに注目する方は多いですが、リングの元となる素材も重要です。
素材によって変質、変色、強度などに違いが出るため、一生ものだからこそ違いを知り、きちんとしたものを選びたいところです。
素材の種類には「プラチナ」「ゴールド」「ジルコニウム」「パラジウム」「ステンレス、」「チタン」などがあります。
このうちマリッジリングに相応しく、また定番となっているのがプラチナとゴールドです。
プラチナとゴールドはどちらも変質・変色・変形しにくく、加工しやすいという特徴があるため、リングの素材のとしてバランスがいいとされています。
ただ、いずれも純度100%ではなく、他の金属を混ぜた合金となっています。
合金にすることで強度が増し、耐久性が生まれます。


プラチナは白銀が美しく、稀少性の高い金属としてマリッジリングに相応しいと考えられています。
エンゲージリングを含め、現在のブライダルリングにはプラチナ素材が主流です。
プラチナは純度に応じてpt900(全体の90%がプラチナ)、pt950(全体の95%がプラチナ)、pt999(全体の99%がプラチナ)などで表しています。
数値が高いほど純度が高くなりますが、他の金属が混じるほど強度は増します。
国際基準では標準品位をPt850以上と定めており、マリッジリングではpt900とpt950のいずれかが使用されています。
国内ブランドではpt900が主に使用されており、海外ブランドではpt950が使用されているようです。
純度の点でpt950の方が品質が高いですが、pt900でも充分高品質と言えるレベルです。


ゴールドはプラチナに続いて人気の素材です。
純金は黄金色ですが、強度を高めるために配合する金属の割合によってイエロー、ホワイト、ピンクなどに変色します。
優し色合いで女性に人気なのはピンクゴールドですが、ホワイトゴールドはプラチナの代用として開発されたため、価格を抑えたいカップルが選択することも少なくはありません。
ゴールドはカラーバリエーションが豊富なので色で選ばれるのが一般的ですが、配合率によって強度などが変わるので事前にチェックしておくことも必要です。
また、マリッジリングではプラチナとゴールドを合わせたコンビネーション素材も人気です。
コンビの場合はイエローゴールドやピンクゴールドが人気で、シンプルになりやすいマリッジリングに華やかな印象を与えることができます。

次の記事へ

カテゴリー