お探しの方必見!マリッジリング情報ガイド

トップ > マリッジリングの豆知識 > マリッジリングの輝きを決める宝石

マリッジリングの輝きを決める宝石

マリッジリングはアーム部分に宝石を装飾するのが基本です。
宝石といっても種類は様々ですが、マリッジリングと言えばダイヤモンドが定番となっています。
ダイヤモンドはその美しさ・輝きが魅力的という以外に、最も硬い宝石ということから永遠に壊れない愛の象徴として、マリッジリングに選ばれているようです。
大粒のダイヤモンドをアームのセンター部分にあしらったデザインは、とても華やかでゴージャスです。
また小粒のメレダイヤをアーム部分に敷き詰めたデザインは、華やかだけれどカジュアルな印象もあり、日常使いしやすいという魅力があります。
ダイヤモンドは無色透明なものがマリッジリングには多く装飾されていますが、ピンクやイエロー、レッドにブラックとカラーは様々です。
女性が好きなカラーのダイヤモンドで、マリッジリングを作るのも良いでしょう。


ダイヤモンドをあしらったマリッジリングを選ぶ際は、ダイヤモンドの品質を評価する4Cという基準を知っておく必要があります。
4Cとはカラット・クラリティ・カラー・カットのことで、この4つのポイントによってダイヤモンドはランク分けされているのです。
カラットはダイヤモンドの重さを表す単位、クラリティはダイヤモンドの透明度を評価する基準となっています。
カラーはダイヤモンドの色を、カットはダイヤモンドのプロポーションなどを評価する基準です。
この4Cの評価が高ければ高いほど、高品質なダイヤモンドとなります。
ただ、高品質なダイヤモンドは当然、価格も高額です。
近年、マリッジリングに装飾するダイヤモンドの平均的な大きさは、0.2カラットから0.4カラットとなっています。


マリッジリングのセンターストーンは何も、ダイヤモンドだけということはありません。
女性が好きな宝石を選ぶことも可能です。
また、女性の誕生石をあしらうというケースも少なくありません。
ガーネットやエメラルド、ルビーにサファイヤなど誕生石は様々です。
このようなカラーのついた宝石は、センターストーンとして使うだけでなくダイヤモンドの脇に装飾し、サイドストーンとして楽しむこともできます。
サイドストーンにすることによって、よりダイヤモンドの輝きをアップするのです。
さらに、マリッジリングの内側に誕生石を埋め込む、裏石としても選ばれるケースも増えています。
ダイヤモンドのマリッジリングだと個性に欠けると感じる人や、少しオリジナリティのあるマリッジリングにしたいという人は、誕生石を選んでみるのも良いかもしれません。

次の記事へ

カテゴリー